本日は想定を上回る沢山の方にご参加いただき、本当にありがとうございました。 ・ほとんどの建築で行列ができ、待ち時間がありました。 混雑&空き状況、当日の様子などは、X(Twitter)Instagramで発信しています。 また混雑状況により、入場制限や整理券の配布、見学受付を終了する場合があります。 ・明日5/26(日)、SHUTLの特別公開は14:30~17:00となります。 14時から列に並んでいただけます。14時までは現地及び近隣でお待ちいただくことはできません。 並ぶスペースが一杯になったら、整理券を配布します。 整理券の配布が終了次第、受付を終了します。 ・パンフレットマップの残部数があまりありません。 こちらからもダウンロードできるので、ご利用ください。 なお、東京建築祭WEBサイト、アクセス集中につき大変繋がりにくくなっております。 ・東京建築祭オリジナルオーディオガイドが無料でダウンロードいただけます。 地図代わりにもなり便利です。建築めぐりがグッと楽しくなります。 ・お気に入りの写真が撮れたら、 #東京建築祭 を付けてSNSに投稿してください! X(Twitter) Instagram 明日が最終日、引き続きお楽しみいただけると嬉しいです。 それでは、どうぞよろしくお願いいたします! 東京建築祭、いよいよ開幕です。 当日をお楽しみいただくための情報をお伝えします。 ■パンフレットマップが、WEBでご覧いただけます。東京建築祭オリジナルオーディオガイドが完成しました。 建築史家の倉方俊輔実行委員長が、公開建築の見どころを語る「生のガイド」を無料公開中。 地図と連動していて便利です。予めダウンロードのうえ、お楽しみください。 ■混雑&空き状況、当日の様子などを、X(Twitter)Instagramで発信します。 お気に入りの写真が撮れたら、 #東京建築祭 を付けてSNSに投稿してください! X(Twitter) Instagram ※撮影やSNS投稿の可否、特別公開の場所は各ページに掲載しています。 公開場所以外に許可なく立ち入ることはおやめください。 また混雑状況により、入場制限や整理券の配布、見学受付を終了する場合があります。 建築から、ひとを感じる、まちを知る。 東京建築祭は、来場くださる参加者の皆さん、所有者や関係者の皆さん、運営する私達も含めて、 皆で一緒につくりあげていく祭をめざしています。 マナーやルールを守った上で、全力で楽しんでいただけると嬉しいです。 スタッフにも、ぜひ気軽にお声がけください。 それでは、建築祭でお会いしましょう! ・5/21 SUUMOジャーナル 「東京建築祭」18の名建築を無料で特別公開! 東京駅や三越日本橋本店などの普段は見られないエリアも開放。実行委員長・倉方俊輔さんが見どころ語る ・5/20 BUNGA NET 藤本壮介氏や田中仁氏の本気トークで「東京建築祭」キックオフ! キーワードは「サムシング・ニュー」 ・5/20 コロカル 建築を通して東京のエネルギーを感じ、人を知る〈東京建築祭〉 ・5/17 朝日新聞 築地本願寺、三井本館…名建築を特別公開 25、26日に東京建築祭 ・5/16 読売新聞ジュニアプレス ・5/2 Tokyo Art Beat 「東京建築祭」5月開催!築地本願寺、東京ステーションホテル、中銀カプセルタワービル「SHUTL(シャトル)」など名建築を特別公開 ・4/28 BUNGA NET 「東京では絶対に無理だと思っていた」─ 倉方俊輔氏が「東京建築祭」の旗振り役を引き受けた訳 ・4/22 旅色LIKERS 【倉方俊輔の建築旅】今年初開催! 公開建築やオリジナルツアーなど、「東京建築祭」の見どころをご紹介 ・4/13 ELLE DECOR(エル・デコ) 倉方俊輔が解説する「東京建築祭」で見るべき名建築10 ・4/12 タイムアウト東京 無料特別公開16件、「東京建築祭」のプログラム&参加建築が発表 ・4/12 BUNGA NET 「東京建築祭」のブログラム発表! 建築好きがグッと来た「これまでにないツアー」10選 ・4/11 日経クロステック 大阪や京都に続け、東京初の大規模建築公開イベント ・3/27 Impress Watch 「東京建築祭」開催の意義 "巨大すぎる東京”で建築を楽しみ街を知る ・3/21 Casa BRUTUS 5月、東京の建築をディープに楽しむ「東京建築祭」へ。 ・3/21 モダンリビング 東京を舞台とした建築フェス『東京建築祭』が開催 ・2/21 美術展ナビ 【東京初の大規模建築公開イベント】5月25日(土)〜26日(日)に日本橋や丸の内、銀座で「東京建築祭」 ・2/10 TECTURE MAG(テクチャーマガジン) 大規模な建築公開イベント「東京建築祭」5/25-26開催決定 ・2/10 BUNGA NET 「みんなの建築大賞」を立ち上げた訳、そして第1回「東京建築祭」との共振 プレス関係の方へ 5/25-26 特別公開建築の取材は、以下フォームよりお申込みください。 → 特別公開建築の取材申し込みフォーム   〇特別公開建築の撮影・取材をされる場合は、事前に上記取材申し込みフォームにてお申込みください。 取材先建築にてスタッフよりプレスタグをお渡しします。 〇撮影・取材される場合は、必ずプレスタグを首から下げてください。 〇混雑が予想されます。当日の来場状況により入場困難の場合は、取材を見合わせていただく場合がございます。 〇取材終了後は、タグを現地スタッフまで返却ください。 〇必ず掲載前の記事確認をまでお送りください。 (送り先:info@tokyo.kenchikusai.jp) 〇掲載誌紙はご郵送いただけますようお願いいたします。 〇インタビュー取材については、下記より問い合わせください。 お問い合わせフォーム 「特別公開」2件、「イベント」4件を追加しました。 いよいよ開幕する「東京建築祭」を、存分に楽しんでください。 【特別公開】岡田ビル 【特別公開】神田ポートビル 東京建築祭オーディオガイド 【見逃し配信】東京建築祭の歩き方―特別公開建築を徹底解説― 【連携企画】三越劇場見学会スペシャル~建築編~ 【連携企画】銀座 蔦屋書店「東京建築祭ブックフェア」 いよいよ、本日より東京建築祭プログラムが始まります。 当日のご連絡は、以下のリンクからLINE友だち追加のうえ、お問い合わせください。 ▶︎以下をクリックしてお友達追加 友だち追加 ▶︎QRコードを読み取ってお友達追加 東京建築祭のパンフレットマップが完成いたしました。 5/7のライブ配信で倉方実行委員長が画面に映していたものです。 大変お待たせいたしました。 PDFはこちらから 印刷版は、東京建築祭と連携してブックフェアを開催している以下の書店や、その他施設で入手可能です。 丸善 丸の内本店 丸善 日本橋店 丸善 お茶の水店 教文館書店 銀座 蔦屋書店 東京国際フォーラム ジュンク堂池袋本店 ジュンク堂立川髙島屋店 公開期間中は、各特別公開建築の一部に置いております。 特別公開建築はこちら ※国際ビル、新東京ビル、明治生命館(丸の内MY PLAZA)はパンフレットの設置はございません ぜひ、特別公開建築めぐりにお役立てください。 東京建築祭のオリジナルオーディオガイドを公開しました。 建築史家の倉方俊輔実行委員長が、独自の視点で公開建築の見どころを語る「生のガイド」を収録しました。GPSで地図と連動、道案内にも使えて便利です。あらかじめダウンロードのうえ、お楽しみください。 《使い方》 [1]アプリ「まいまいポケット」をスマホにダウンロード [2]「2024年東京建築祭」を「無料で入手」 東京建築祭をより深く楽しむために、“建築家”に焦点を当てた解説を、建築史家で実行委員長の倉方俊輔が特別に展開。築地本願寺を手がけ、“建築”の訳語を確立した伊東忠太から、Torch Towerの頂部デザインを担当、東京建築祭のキックオフイベントにも登壇する藤本壮介まで、東京のまちをつくる建築家たちに迫ります。 5/13(月)20:00-21:30 3,000円(要申込) 申込フォームはこちら
詳しくはこちら 昨日の23:59に、東京建築祭 クラウドファンディングが終了いたしました。 400万円の目標金額を大きく超えて、 最終、なんと337名の方に、 6,243,333円のご支援をいただきました! 感謝の気持ちでいっぱいです。 みなさまの大きな期待と、温かい後押しのお気持ちを受け止めつつ、 開催準備に邁進しております。 東京建築祭は、 みなさま、お一人おひとりに支えられて成り立っています。 ご支援いただきましたお金は、大事に、大事に、 みなさまがより楽しく、安全に建築と親しめるように、 使わせていただきます。 開催も目前に迫ってまいりました。 今後とも、東京建築祭を、どうぞよろしくお願いいたします! 申込なし・無料で見学できる、全ての特別公開建築の見どころを、建築史家で実行委員長の倉方俊輔がYouTubeライブでご紹介しました。具体的な建築の解説だけでなく、建築の見方、楽しみ方についても語りました。 見逃し配信はこちらのリンクから、明日5/8(水)23:59まで。 建築祭を楽しむための予習として、ぜひ、お見逃しなく! 皆でつくる建築祭を、東京から。 東京建築祭は、企業や自治体の主催ではなく 「東京で建築祭をやりたい!」という一心で集まった有志による、 民間独立系の建築祭です。 この建築祭を、みなさんと一緒につくっていきたいと思っています。 みなさんのご支援で、無料公開など、誰でもで楽しめる建築祭が実現します。 トートバッグのイラストを描き起こしてくださった藤本壮介さんや三越劇場さんなども、 その考えに賛同いただき、ご協力くださった同志です。 クラウドファンディングの〆切まで、残りわずか。 ぜひご支援を、よろしくお願いたします! いよいよ今月末に迫った東京建築祭の楽しみ方を、建築史家で実行委員長の倉方俊輔がYouTubeライブで徹底解説。 まちと建築の関係から、東京ならではの建築の見方を紐解きます。特別公開建築の見どころをご紹介。ぜひ、東京建築祭の歩き方のご参考に。 ※無料・申込は不要です。 5/7(火)20時 になりましたら以下にアクセスしてください。 ※見逃し配信は5/8(水)23:59まで。 東京建築祭実行委員の宮沢洋が編集長を務める「BUNGANET」に、インタビュー記事を掲載されました。 聞き手も話し手も「東京建築祭」の立ち上げメンバー。だからこそ聞ける裏話が満載の記事になりました。 こちらのリンクからどうぞ 建築の愛し方20:「東京では絶対に無理だと思っていた」─ 倉方俊輔氏が「東京建築祭」の旗振り役を引き受けた訳 クラウドファンディングのリターンの一つ「東京建築祭2024応援トートバッグ」のデザインが完成しました。 オリジナルスケッチを描き起こしてくださったのは、世界各地でプロジェクトが進行中であり、大阪・関西万博の会場デザインプロデューサーも務められている藤本壮介さん。 「東京建築祭」のために、始まりの予感に満ちた「Tokyo Forest」を描いていただきました。 建築めぐりにぴったりな、A4サイズが入るバッグです。 クラウドファンディングご支援はこちらから モーションギャラリー:【東京建築祭】まちの見方が変わる、皆の建築祭を実現させたい 全ガイドツアーが満員となり、受付を締め切ります。 たくさんのお申し込み、本当にありがとうございました! 抽選後に空きがあるガイドツアーについて、 先着順にて受付を開始しました。 お見逃しなくお申し込みください。 →【先着順受付】【リクルート九段坂上KSビル】リノベーションが生むこれからの働き方、新オフィス特別見学 本日、お申し込みいただいたガイドツアーの抽選を行い、 当選・落選にかかわらず、全ての方にメールにて結果をお知らせいたしました。 抽選結果は、チケット購入サイトteketにログイン後 「チケットリスト」ページにてご確認いただくことが可能ですので もし結果メールが届かない場合は、こちらよりご確認のほど、よろしくお願いいたします。 たくさんのみなさまに興味を持っていただき、 ほとんどのガイドツアーが満員となりました。どうもありがとうございます。 残念ながら落選された方も、特別公開の建築をぜひお楽しみください。 →特別公開プログラム 引き続き、東京建築祭を どうぞよろしくお願いいたします! 東京建築祭が主催する ガイドツアー、特別公開の全プログラムについて 開催日時を俯瞰して見ることができる スケジュール表を作成いたしました。 ぜひ、東京建築祭 会期中のご計画にお役立ていただければと思います。 以下URLよりご確認ください。 プログラムスケジュール(A3) ※紙でご覧になる際は、A3用紙に印刷してください。 申し込み不要で、普段は見られないエリアなどを 自由に見学できるプログラム、 「特別公開」の詳細情報を公開しました。 特別公開 一覧 ガイドツアーと特別公開を組み合わせて、 存分に東京の建築を楽しんでください。 「東京建築祭」公式サイトをオープンしました。 無料での建築特別公開(申込不要)、基本有料となるガイドツアー(要申込)など 5月25日と26日の2日間をメイン期間として、60以上のプログラムが一斉に行われます。 まちのそこここで建築を楽しみ、東京のまちと建築を満喫してください。 ガイドツアーの抽選受付は、4月26日23:59までとなります。 4月27日以降、当落にかかわらず抽選結果を配信いたします。 ※決済システム「teket」の仕様上、抽選申込後のキャンセルはできません。 ※「teket」に「1アカウントにつき、申し込み・購入できるのはイベント全体で1度」とありますが、複数のガイドツアーに申し込むことは可能です。 ただし、同じツアーの時間が違う回に申し込むことはできません。 プログラム一覧はこちら

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京【芸術文化魅力創出助成】